根革修理は専門業者へ

根革はパーツの中で最も壊れやすい部分であり、修理発注が多くきます。持ち手はぶら下げる関係上もっとも力が入りやすいゆえですが、特に厚い生地でがっちり縫い合わせていても経年劣化しまず。すり切れてしまってからでは交換になりますから価格はアップしますし、ブランドによっては特殊な縫製をしているものも多くさらに高めになりますが、購入する事を考えればそれでも安く利用できます。

メーカーに修理を依頼するとなると郵送も含めてさらに高額になりますし、時間もかかります。古い製品であればすでに製作が終了していて、部品の調達も困難になるケースも例外ではありません。その為、バッグが壊れてしまった時はバッグ修理の専門店に依頼した方がそうしたリスクも減りますし、ぐんとお安くもなります。満足のいく仕上がりを期待するなら評判の良い店に限りますし、実績があってどのようなケースにも対応可能であればなおオススメです。ネット通販はもちろん宅配でも対応できるところが増えていますから、まずはネットで検索してみればすぐ良質な店を見つける事ができます。

人気の店はキャンセル待ちという場合もあり得ますから、どの程度で仕上がるのかを事前に確認しておく事も大切です。通常は根革だけでしたら1週間程度で完成します。アフターフォローまでしっかりしてくれる店は大変ありがたいですし、極力親切丁寧な店に依頼したいのが本音です。高品質かつ親切丁寧な作業を期待できて評判も良い店になると、あらゆるブランドに対応できる事に加えて他で断られたものも完璧に治してくれる確かな技術を持っていますし、訪問修理も請け負ってくれる事もあります。

根革修理の基礎知識

根革と聞いてもなんの事かわからないという人も多いはずです。鞄を作った経験がある人でなければ耳になじみがありませんから、当然です。持ち手周辺パーツの1つで、持ち手と本体をつなぐベルトの付け根にあって金具を縫いつけている部位の革をさしています。持ち手はバッグの中でも特に力が入るところですから比較的がっちりと縫ってあるのですが、それでも使い込んでいるうちにすり切れたり傷ついたりしてきてしまいます。

早めに修理を依頼すれば補強程度ですみますし費用も1000円程度と安いのですが、すり切れてしまっては交換となってしまいますから数千円の費用がかかってきます。きちんと修理しておかないと大変使いづらくもなってしまいます。すぐ目につく部分ですから極力色味が近いものを使うのですが、どうしても同色がない場合は若干色違いになる事もあります。

それでも仕上がりは新品同様でまったく違和感のない見事な完成品になります。どうしても同じ色にこだわるのであればメーカーに持ち込むしかないのですが、価格は高めになりますし場合によっては修理に時間がかかってしまう事もあるのです。その点バッグ修理専門業者なら、短時間で修理してもらえる事に加えて価格もぐんとお安くなりますから、安心して依頼できます。交換という事は1から根革を作成する事になりますから、補強よりは高めですが仕上がれば長く使えるようになります。有名ブランドものになると縫い方が独特になる事もあって高めになりますが、それでも購入する事を考えれば断然お得度が違います。片側が傷んでいるだけだと思っても結果的には通常交換になります。

バッグ修理の根革修理

自他共にブランド通だという人でもバッグのパーツ名までは知らない人も多いのではないでしょうか。よほどの事が無い限りバッグのブランド名が話題になる事はあっても、パーツの1つ1つを話題にして盛り上がるほどマニアックな人はないはずです。ですが雑学として覚えておいて損はありません。

ついでに万が一破損してしまった時にはどう対応したら良いかがわかっていると、あわてなくてすみます。上から順番に持ち手・ベルト・根革・金具・ファスナー・スライダー・ショルダー・内袋・バイピングとあり、それぞれ持ち手周辺パーツ・側面・表面・内側と大きなパーツに分ける事ができ、経年劣化しますから光沢が無くなってきたり傷がついたりあるいは持ち手や金具が外れたりなど様々なトラブルが生じてきます。

人間も加齢と共にメンテナンス1つで若返りも老けてもいきますが、バッグもメンテナンスをする事によって購入時のような美しさを取り戻して長く愛用できるようになります。金具1つで使えなくなってしまうのはもったいない事です。愛着があるものや思い出がこもっているものならなおさらすぐには捨てられません。今はお金を出せばなんでも手に入る時代ですが、専門業者に修理してもらってずっと使い続ける人が、若い世代を中心に広がっています。

もはや使い捨てではなく1つのものをずっと使い続ける事に、価値を見いだす人が増えたゆえです。西洋や欧米ではそうして親から子どもへと何世代にもわたって1つの雑貨や家具を使い続ける生活スタイルが定着しています。特に女性には最も身近なおしゃれ雑貨であるバッグ修理も、細かいパーツの一個から請け負う専門職人が全国にいますし、メーカーに依頼するよりも遙かに格安な費用で新品に戻してくれもします。